武田三輪オフィシャルサイト

英語に自信がないを終わりにする

卒業生体験記(1)Hさん

約3分

Hさんから、レッスンのご感想をいただきました。Hさんは、大学で外国語を教えていらっしゃる先生です。さすが外国語学習の勘どころをよくご存知で、わずか半年で卒業されました。


Hさん レッスン体験記

英語の勉強には終わりがある

外国語の語彙、表現の学習はこれからも勉強していかないといけないのですが、一生、ストイックに続けなければいけないのかな、と悩んで、うんざりしていたので「英語の文法学習は終わりがある」という言葉で集中コースに興味を持ちました。

わたしは高校時代に英語が好きだったので英文法は20年以上経ってもまだ頭に残っているほうでしたが、学生時代に習った英文法をいざ会話で使おうとすると、過去形がいいのか過去完了なのか、いつも迷っていました。先生のレッスンでは時制の概念をしっかり教えてくださったので、今はだいたい正しい時制で会話出来るようになったと思います。

また、先生のレッスンでは、三単現のSを付けること、名詞のaとtheの違いがいかに英語で大切かをたたき込まれました。今までaでもtheでもどっちでも通じるだろう、なくてもいいかもくらいに考えていましたが、これらを曖昧にしていると場合によって相手には私の話したいことがうまく伝わらないことがわかりました。日本語教師もされていた先生だからこそ、日本語と英語の違いを知り尽くして、指摘してくださる内容だと思います。このことについて、今までどこの英会話スクールでも指摘されたことはありませんでした。

学んだことをスモールトークで実践

一通り文法事項をならった後、話す練習をしましたが、短いスモールトークで私が間違えた文法と言い回しをすべて直してくださいました。直後に直され、文法もそのたびに振り返って思い出させてくださるので、とても記憶に残りやすかったです。

また、夏休みの旅行の思い出を英語で話したとき、「~はとても幻想的でした」と話しましたが、英語では、具体的にいろいろ描写して初めて「~だからとても幻想的でした」と話さないと、相手に共感してもらえず、あまり理解してもらえない話になる、と教わりました。日本人と英語圏の人のストーリーテリングの方法がそもそも違うことが分かり、目から鱗でした。

繰り返しトレーニング

先生の日本語と英語の違いについての知識はすごく、これはなぜこうなるか?という質問にも必ず答えてくださいましたが、話す練習のレッスンがもっとよかったです。カードを使った原形・過去形・過去完了が瞬時にいえるようになる練習や、主語が変わったとき、瞬時に三単現に直す、複数・単数に直す練習、など日本人が英語を話すときになかなかできないものにターゲットを絞って言う練習をしました。これはとても効果的でした。私は英語以外の外国語の講師をしていますが、自分が教えるときも、このようなトレーニングをしないと、生徒さんを話すレベルまで持って行けないのだな、と教える技術も習えて一石二鳥でした。

最後に発音の練習をしたい私のために歌をやってくださいましたがこれはとても楽しかったです。このオは口を大きくあけるオ、とか綴りも見てだいたい勘でわかるようになり、また微妙な発音の違いがだいぶ聞き取れるようになりました。

自信をもって話せる

半年を週2回のレッスンは、忍耐も必要ですが、やる意味があるし、時間とお金を投資して本当によかったです。半年前の私より、ずっと自信をもって「英語はある程度は話せます」といえます。ありがとうございました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。