武田三輪オフィシャルサイト

英語に自信がないを終わりにする

トレーニングの極意!

約 5 分

私は、みなさんに「必ず」話せるようになることをお約束している英会話講師です。

でも、なぜ「必ず」話せるようになるんでしょう? 今までがんばってもがんばっても現状で話せるようになっていない方にとっては、簡単に納得できる話ではないかもしれません。でも、私には、あなたが話せるようにならない原因が何かわかっています。「理解のしかたが悪い」か「トレーニングのしかたが悪い」か、2つに1つです。

今日は、「理解」と「トレーニング」の「トレーニング」の方に焦点を当ててお話しますね。「効果的なトレーニングとは」ということ全般について言えることについてです。言ってみれば「練習の極意」です! しっかりと頭に入れてください。

練習の極意 其の一、練習より前に理解すること。

私は常々、「理解とトレーニングは両輪です」とお話しています。両輪ではありますが、順番は決まっています。必ず「理解」が先、「練習」が後です。

教材用のカードよくわかってもいないことを繰り返してしまうことは、スポーツでいえば、間違ったフォームが癖になってしまうということになります。正しいフォームを教えてもらってから素振りをする。自己流のヘンな癖がついてしまうと、後で直すのは大変ですよね。できるだけ正しい理解をして、それが何も考えなくてもできるようになるまで練習する。これが大切です。

私がネイティブの先生とただ会話するだけのレッスンをおススメしないのは、これが理由です。新しいことをどんどんとり入れるというのは、その時はたくさん学べたような気になるかもしれません。でも、それでは「理解」も「トレーニング」も中途半端になりがち。実は「上達」ということに結びつけるためには、効率の悪い方法なのです。話が通じて楽しい!という経験を重ねるのは、とてもいいことだと思います。でも、そのやり方だけでは、中級で必ず頭打ちです。きちんと話せるようになりたいなら、それだけでは足りないのです。

まずはきちんと理解する。そして、理解してからトレーニングをする。これを心がけてください。そして、一通りのことができるようになってから、ネイティブの先生のレッスンを受けてみてください。受け取れるものの量が、まったく違いますよ。

練習の極意 其の二、練習とは、わかることをやることである。

練習とは、「すでにわかっていること」をやることです。もうわかっていることを、できるようになるまで繰り返すのです。この点を、みなさんは見落としていませんか?

私は速読のトレーニングを受けたことがあります。その時に、英会話の練習と共通だなあとしみじみ思いました。速読のトレーニングでも、同じ文章を繰り返し繰り返し読んで練習するんです。文字は、通常音と意味がセットになって意識されると思います。その音の部分を捨て、目で見ただけで意味がとれるようになるのが速読です。これができるようになるために、さまざまなトレーニングと並行しながらですが、頭から音が消えるまで、同じ文章を何度も何度も読みます。いつもいつも新しい文章に挑戦していては、効果が上がらないそうです。これには全く同感です! すでにわかっていること、すでにできていることを繰り返すことで、はじめて技能というのは上がっていくものなのです。

英会話練習風景頭ではわかっているのになかなか話せないことがあるとしたら、単純に繰り返すことが足りないのかもしれないと、まずは疑ってみてください。練習は、「すでにわかっていることを、頭で何も考えなくてもできるようになるまでやること」です。「頭でわかる」だけではしゃべれるようになりません。「何も考えなくてもできる」が、目標とするべきラインです。

たとえば三人称単数のときに s をつけるなんて、中学1年で習う知識で、これを知らない人はほとんどいません。それなのに、できない人がかなりの数に上ることを考えればわかるでしょう。「わかる」だけではだめです。「わかる」を「できる」に変えるのが練習です。集中してトレーニングして、すぐにできるようになってしまいましょう!

練習の極意 其の三、練習は短期間に短時間ですること

がんばってトレーニングしても、なかなか効果が上がらない。そういう方は、ダラダラと長い時間をかけてしまっているのではないでしょうか。長時間のトレーニングは、私はおススメしません。なるべく短時間で集中してできるようになってしまうのがコツです。

一度で完璧にできるようになるときばかりではないでしょう。そういう場合は一旦練習を中止して、また翌日やることをおススメします。翌日やるのがベストです。ちゃんとできるようになってはいなくても、できるようになるべき部分がどこなのか、ポイントはしっかり頭に入っていると思います。それが頭から抜けてしまう前に、感覚が残っているうちに、ふたたびトレーニングします。なるべく間を空けずにやるのがよいのです。

やるときは、短時間で集中して。そして、なるべく短い間隔で繰り返す。これが早く上達するコツです。

効率のよい練習を!

英語の勉強方法は本当にたくさんあって、どんなやり方をしたらいいかわからなくなってしまうという方も多いでしょう。でも、基本的には、効率のようトレーニング方法の基礎は同じです。よく意識して、効果的なトレーニングをしましょう。

個々の文法項目別のトレーニングについては、追い追いご紹介したいと思います。お楽しみに!